雑誌記事と
図書の検索

戻る

この「雑誌記事と図書の検索」では,検索語を何度も入力することなく,一度の検索語の入力によって,複数の検索サイトから雑誌記事や図書を検索できます。雑誌記事の多くは全文も入手できます。

インターネットに接続できる環境があれば,時間・場所・費用を気にせず,全世界の資料にアクセスできます。 一つの図書館を検索するだけではなく,探索の網を広げてみましょう。
 

自分の持っている雑誌論文のタイトルや図書のタイトルを検索語にすれば,全文を入手し,新たな検索語を発見し,検索の範囲も広げることができます。例えば「畳の文化についての一考察」という論文を起点に,「畳 文化」で検索すると,このようになります。 興味対象をWikipedia で予備調査して,関連の検索語を拾うのも良いでしょう。

---------- 

CiNii(サイニィ)GoogleScholar(グーグルスカラー)J-STAGE(ジェイステージ)JAIRO(ジャイロ)は,雑誌や大学紀要に掲載された記事や学術論文を, 国立国会図書館デジタルコレクションカーリル(藤沢市),慶應義塾大学,Amazon(アマゾン) は,主に図書を探せます。
----------
2017年10月5日:Wikipedia を追加しました。予備知識のない事柄の概要を知るために有用です。
2017年10月18日:日本の古本屋スーパー源氏 を追加しました。図書館蔵書からの利用と,古書としての購入の両方向から,求める図書に接近できます。交通費を使うより,古書を買った方が安い場合もあります。
2017年10月19日:読書メーターGoogle を追加しました。事柄については,Wikipedia ,Google で,図書については,Amazon のカスタマーレビューに加えて,読書メーター でも人気度を把握できます。
----------  
ワークショップ「図書館員の未来準備」においてAPI研修(2017/9/22)を主催された(株)未来の図書館研究所,講師の川嶋斉さん(Code4Lib JAPAN/野田市立興風図書館),牧野雄二さん(未来の図書館研究所主任研究員)に感謝いたします。 
----------
 (2017年9月25日開設 2017年10月18日更新)
  図書館員のためのインターネットに戻る
サイトの有効活用のため,個々のサイトの概要と,学術論文についての概要なども準備中です。